札幌市北区新琴似の学習塾です。『成績UP+α 』 講師歴25年の高橋一弘先生が、幅広く質の高い独自の指導メソッドで、自分のヤル気と向き合う力を育てます✐ 【 有志竟成 “ゆうしきょうせい” とは 】志を曲げることなく堅持していれば必ず成し遂げられるという四字熟語 * 後漢書より ** 『こころざしあるものはことついになる』 とも言う。

指導方針➋ Develop The Sensibility

  • HOME »
  • 指導方針➋ Develop The Sensibility

25年前に学習塾の講師として、始めて教壇に立ちました。

 

その際、会社に教えられた授業は、指定教材を指示された通りの工程で教えていくという、効率重視型の「作業」です。

 

1対複数の一斉授業で、明らかに付いてこれていない子がいる事に気が付きましたが、何の対応もできない…

言われたことをこなしていく「作業」が自分には合わないという事はすぐに分かりました。

 

決められた正解のないことから結果を出していくというのが元々好きな自分がしたいのは、「作業」ではなく、価値のある「仕事」をする事。

 

誰がやっても同じという授業に疑問が大きくなりましたが、なにせ新入社員 …

最初の内はモクモクと「作業」に励みました(;^m^)

 

そんな中でもちょっとづつ自分なりのカラーを出すようになり、

問題を理解していない子のフォローを一斉授業中の合間に試みたところ、成績が上がる子が増えてきました✨

 

子供が輝きだしたのを見てしまったら、もう止まりません!(^^)!

 

これは会社には内緒でやっていたのですが…💦

指定教材の他に、自分で作ったプリントを教室へ持っていき、みんなで楽しみながら解く。

一斉授業を早めに終わらせて、個々のやりたい課題に取り組ませる。

子供が話したいことに制限をしない。

質問したい時に質問をさせる。

 

リードをしながら自由に発言できる場をどんどん広くしてみると、またまた子供たちが変わっていきます。

知っている事、知らない事のどちらも恥ずかしがらずに言うようになり、ちょっとした疑問でも口に出すようになる。

誰かが知らない事柄を、知っている子がいる場合は教えるようになる。

 

学び合いの輪(アクティブラーニング)が広がります(*^^*)

 

その後、子供たちの成績アップが保護者様からの高評価を頂いたこともあり、塾講師を指導する立場の「指導係」も務めることになりました。

 

講師へ指導する際の最初の注意点は一つ。

問題を理解していない子を見極めること。

しかし、残念ながらこのたった一つを分かってもらえる先生が当時の同僚にはいませんでした。

 

それによって、知識・技術を一方的に教え込み、記憶させることを主な目的とする「注入教育」がまだまだ主流の時代だという事を自覚するようになり、自分がやりたい授業を行うために独立することを決め、札幌に転勤になったのを機に、1993年から新琴似で塾を始めました。

 

「ティーチング」という教師から生徒への一方通行の教え方ではなく、

感受性を磨き、受容力を深めることが学力アップへつながると考え、
子供たちの個性が活きるようにコーチングやファシリテーターとして指導させて頂いています

 

竟成塾の指導方針 その3▶

 

アクティブラーニングで自分の可能性を見つけた子の記事をアップしております▶

 

 

 

個々の能力に合わせた実践学習によるによる完全個別学習指導 TEL 080-3266-1646/011-763-5463 お問い合わせ受付時間 11:00~22:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © KEISEI 竟成塾 juku ✍ 個別学習指導教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.